歴史

アインシュタインも感心した当社の発明

1919~1922年

工学を学ぶ2人のスウェーデン人学生、バルトザール・フォン・プラテンとカール・ミュンタースは、とんでもないアイデアを思いつきました。しかも2人は、熱を使って冷却効果を生み出すというそのアイデアが、最も優れた冷却方法であると確信していたのです。揺るがぬ確信のもと、2人はそのアイデアの実現に授業を休みがちになるほど打ち込みました。そしてついに、長きにわたる日夜の努力を経て、2人は冷却キャビネットの設計を完成させたのです。それは、コンプレッサーも可動部分もなく、そして何より、氷をまったく使用しない装置でした。その仕組みとは、ボイラーへの加温によりアンモニア水溶液をシステム内で循環させ、熱を吸収させることで冷却効果を生み出すというものでした。
2人が発明したこのキャビネットが、世界初の冷蔵庫となったのです。
バルツァー・フォン・プラーテン, カール・ミュンタース, 冷蔵庫, 冷蔵庫, 冷蔵, 発明家, スウェーデン, 第一, 吸収式, 工学の学生, 成果, 白黒

1923年

2人は発明したキャビネットで特許を取得しました。あの偉大な物理学者アインシュタインも彼らの発明に驚嘆し、「天才的ひらめきだ」と評しました。同年、この発明にふさわしい名をもつArcticというスウェーデンの企業が、製造権を取得しました。
冷蔵庫, 冷蔵庫, 第一, 吸収式, キャビネット, Arctic, Electrolux, Dometic, 白黒, 古い, 1923, 特許

1925年

時を置かずして、当時急成長していた家電メーカーのElectrolux社が、2人の発明が秘める大きな可能性に注目しました。1925年、同社はArcticを買収しました。第二次世界大戦が終わると、冷蔵庫は中産階級の家庭にも広く普及し始めます。何百万台もの冷蔵庫が売れてゆきました。

Electrolux, Dometic, 企業, 工場, 作業, 作業員, 従業員, 白黒, 歴史, 古さ, 自転車, バイク, 1925, 外部

1950~1970年代

1950年代、Electrolux社はレジャー市場に参入し、特に大戦後の好景気に沸いていたアメリカで業績を伸ばしました。成長の著しいこの市場での業績をさらに強化するため、同社は革新的なイノベーションや有力なブランドを、ビジネス上の成果が見込めるとなればどんな場合でも万難を排して獲得しました。

そして1960年代の終わりに近づく頃、Electrolux社はレジャー設備部門に独立したブランド名を与えました。
そうして生まれたのが、Dometicです。

工場, Electrolux, Dometic, 作業, 作業員, 従業員, 歴史, 溶接, 製造, 白黒, ガラス

1970年代~現代

2001年、Electrolux社は同社のレジャー部門を、未公開株式投資会社EQTに売却しました。Dometicは、自ら独立して運営していくこととなりました。以来、Dometicは常に原点に立ち返り、これまで何度も名高い賞に輝いたスマートなソリューションを絶えず開発していくという姿勢を維持しています。21世紀を迎えてしばらくの時が経過した現在、どんな場所でも快適に過ごせるライフスタイルを望む人は世界中で増えつつあり、その傾向はより顕著になっています。トラック運転手など、一部の人にとってそれはビジネスです。その他の人にとっては、レジャーにおけるニーズを意味します。しかし、どちらの場合も、クッキングの便利さやトイレの確保、快適に過ごせる気温の維持などが不可欠であることは共通しています。シンプルですが確かなこの事実が、Dometicの提供する製品とサービスに常に一貫している新たなコンセプト、すなわち「どんな場所でも快適なライフスタイルをあなたに」の基礎となっています。

2015年、Dometicは公開会社となり、ストックホルム証券取引所に上場しました。

Dometic, 工場, 米国, アメリカ合衆国, USA, エルクハート, インディアナ州, 男性, 作業, 作業員, ケーブル, 企業